ブログトップ

しょぼい中年のおっさんがマリにゃんを愛でるブログ

slownote.exblog.jp

.

2015.1.10 伊東マリンタウン

 マリにゃんファンクラブからマリにゃんお誕生日会の招待状が届いたので行ってきた。

 マリにゃんの誕生日は1月10日だが、それは「いとうの日」にかけての設定。
 当日は「いとうの日」のイベントも市内数か所でおこなわれているらしい。
 マリンタウンでも伊東特産の“鯵の干物(の素揚げ)”“みかん”“ぐり茶”の無料配布があった。
 d0227010_1135195.jpg
 無料というだけで大変な行列ができるのは日本では珍しいことではなく、ここでも配布開始時間前には多くの人が列を作っている。
 しかし“ぐり茶”にだけはだれも並んでいない。
 日本では「お茶を出される」というのは無償という意識が強いのか、改めて「ぐり茶配りまーす」といわれたところで、得をしたという気持ちになる人は少ないのだろう。

 いまや伊東市や伊豆全体のPR役をも担っているマリにゃんだが、もともとは伊東マリンタウンのPRのために誕生したものと思われる。いや、そのはずだ。
 身も蓋もないいい方をすれば、「伊東マリンタウンのPR=もっと多くのお客さんに来てもらいたい=もっと売り上げを増やしたい」ということである。
 であれば、「マリにゃんかわいい~!」とふわふわギュウギュウしに来るだけではなく、マリンタウンで買い物なり食事なりをしてお金を使うことが、マリにゃんの存在意義を最大限尊重することであると考える(あくまで個人的な考え)。
 d0227010_11362485.jpg
 というわけで、「伊豆太郎」で海鮮丼を奮発した。
 いろいろ理屈をごねたが、たまにはぜいたくをして旨いものをいただきたいだけである。

 お誕生日会会場のマリにゃんステージ近くには受付が設けられている。
 そこで招待状を見せると、スタッフさんが名簿にチェックを入れて受付完了となるのだが、そもそも会場が仕切りかなにかで他と区切られているわけではなく、たまたま通りがかった人でもイベントに参加できてしまうので、この受付にはファンクラブ会員の出席率を調べる以外の効能がほとんどなかったように思う。
 
 地元のダンススクールによる余興のあとに、予定時間を若干過ぎて、マリにゃんお誕生日会はスタートした。
 d0227010_11373317.jpg
 まだ呼ばれてないのに舞台袖に姿を現してしまったマリにゃん。
 d0227010_11405172.jpg
 あらためて舞台上からみんなにごあいさつ。
 d0227010_11451110.jpg
 やっぱりかわいいなあ。
 d0227010_1146528.jpg
 d0227010_11472823.jpg
 d0227010_1148068.jpg
 だれが見ても絶対かわいいって思うはず。
 d0227010_1150821.jpg
 d0227010_1150506.jpg
 カモメ隊長はこちらに。もうちょっとイイ椅子はなかったのか。

 このイベントの内容については、本家であるマリンタウンの公式ページでも、ファンクラブ会員限定ページでしか公開されていないので(理由は不明)、当方としてもちょっとだけ配慮して、続きは↓のリンク先に記すことにする。
 なお、この続きの写真は特に修正などせずに掲載している。
 もし自分が写っていて不都合や公開されたくないなどの理由で修正や削除を希望される方は、この記事に限ってコメントを受け付けているので、「非公開コメント」でその旨を連絡していただきたい。
 一応ことわっておくと、「続き」の内容は検索エンジンではヒットしないようになっているし、そもそもこのブログの写真はGoogleのサーチロボットですら撥ねつけて、検索ではヒットしないように設定してある。



 「集まってくれたみんなにお礼がしたい」ということで、ステージ上からお菓子まき。
 d0227010_11534680.jpg
 以前配られたことがあるというマリにゃんバージョンの「うまい棒」のような特別なものを期待していたのだが、普通にコンビニなんかで売ってるのと同じものだったので、私は拾わなかった。
 d0227010_1223286.jpg
 続いて、マリにゃんがジャグリングに挑戦。
 d0227010_1241826.jpg
 投げて、ターンして、キャッチする予定。
 d0227010_1271819.jpg
 ターン!
 d0227010_1282718.jpg
 。。。。。。
 d0227010_1212585.jpg
 マリにゃんが投げたコマをスタッフさんがキャッチできたら成功、というルールに変更して再挑戦。
 d0227010_12131783.jpg
 はっ!
 d0227010_12134998.jpg
 と、
 d0227010_12162046.jpg
 ととっ、
 d0227010_1216507.jpg
 なんとかキャッチ。
 これはスタッフさんのお手柄だ。
 d0227010_19552026.jpg
 次は、前回のイベントで初挑戦したものの失敗したというけん玉に再度挑戦。
 d0227010_19582454.jpg
 集中。。。
 d0227010_195943100.jpg
 はっ!
 d0227010_2004225.jpg
 d0227010_2022663.jpg
 成功なるか!?
 d0227010_2033267.jpg
 。。。。。。
 d0227010_20125687.jpg
 ポイッ!とふてくされてけん玉を投げ捨ててしまうマリにゃん。
 d0227010_20162595.jpg
 司会のおにいさんに怒られても知らん顔。かわいいなあ。
 d0227010_201882.jpg
 会場のみんなから拍手をもらって機嫌をなおしたマリにゃんであった。

 d0227010_2022514.jpg
 ここでマリにゃんのバースデーケーキが登場。ちゃんと足裏の肉球がハート型だ。気合い入ってるな。
 このケーキは、プレート以外は切り分けられて、後ほど会場のみんなにおすそ分けされた。
 たまたま見ていたファンクラブ会員以外の人ももらっていたようなので、やっぱり受付の意味があんまりなかったような……

 d0227010_20334638.jpg
 d0227010_20365023.jpg
 d0227010_20375486.jpg
 ケーキの準備の間に、こどもたちといっしょに「ようかい体操」を踊るマリにゃん。
 おっさんにはよくわからんが流行っているらしく、飛び入りのこどもたちもみんなちゃんと踊れている。
 マリにゃんは「恋するフォーチュンクッキー」も踊れるし芸達者だ。

 d0227010_2158419.jpg
 先ほどのプレートをかけて、じゃんけん大会。
 d0227010_21595850.jpg
 はじめの何回かはマリにゃんに勝った人だけが勝ち残り。
 d0227010_222159.jpg
 最後は残った人どうしで。
 d0227010_2251428.jpg
 おばさんがマリにゃんプレート獲得。こども連れ相手でも容赦しない。まあ、そのへんの考え方は人それぞれ。

 このあと、切り分けられたケーキがおすそ分けされた。このタイミングで、お誕生日プレゼントを持ってきた人はマリにゃんに手渡し。
 d0227010_2215738.jpg
 気合いの入ったイラストを描いてきたおねえさん。マリにゃんへの愛を感じる。
 私もなんかプレゼントした方がいいかなー、鯵の干物とかどうかなー、とか思ったが、やめておいた。
 d0227010_221628100.jpg
 左手にプレゼントのミサンガ(?)をつけているマリにゃん。サイズはぴったりだ。渡していたのはちいさい女の子だったが、いつ採寸したんだ?
 d0227010_22222537.jpg
 最後は希望者とステージで記念の集合写真撮影。
 この時点でだいぶ陽が陰ってきている。風も結構強くて寒くなっていた。

 このあとは、個別にマリにゃんと記念撮影する時間が設けられた。
 d0227010_22345240.jpg
 d0227010_22353573.jpg
 ふわふわギュウギュウ2連発。
 d0227010_22432151.jpg
 家族みんなで。
 d0227010_22473442.jpg
 最後はスタッフのおねえさんも。おつかれさま。

 ケーキをもらったらそのまますぐ帰ってしまう人が結構多く、「これでお誕生日会終了!」という締めがあいまいで、いつのまにか終わりになっていたという印象。
 私はマリにゃんが控え室に入るまで見届けて、マリンタウン館内で「マリにゃんサブレ」を買って帰った。
 姪っ子たちにおみやげとして渡して、徐々にマリにゃんファンに仕立てあげる思惑。
 実際にマリにゃんに会えば一発一目惚れ確実なんだが、遠いから無理か。





[PR]
by slownote | 2015-01-12 01:10

by slownote